スタッフ日記

投稿者:浜本
2019.05.07

思い込んだら試練の道を行くが男のど根性 【会社設立・相続は横浜の響き税理士法人にご相談ください】

こんにちは、浜本です。

タイトルでピンときた方はいらっしゃいますか?
アニメ「巨人の星」の主題歌の歌詞です。

先日、東進ハイスクール講師の林修先生が
地元綾瀬市で講演されるとのことで
小2の娘と行ってきました。

テーマは「やりたい事とできる事」。
その講演で、まず林先生がお話しされたのがタイトルの歌詞です。

「当時(巨人の星)はがんばれば報われる時代だったが
出生数が激減していく今の世の中で
本当に試練の道を行くことが良いことなのか」
と疑問を投げかけられました。

<林先生の講演より>
●やりたいこと→できること
世代を大まかに分けると、以下の3世代になる。
1、学校
2、勤労
3、老後
→学校に通っている世代については、とにかく「やりたいことをやる」ことが大事。
やりたいこと=打ち込める=集中力が養える
→熱中すると究めたくなり、上には上がいて「負ける経験」がさらに成長させる
→「できる」につながる

●子どもに対して
自分(親)ができなかったことを
子どもに押し付けてはいけない。

しかし、子どもがどんな環境でも生きていける能力を身につけさせるために
かけられるだけお金をかけてチャレンジさせてあげるのは良いこと。

自分自身は
ただひたすら源氏の研究に没頭していたが
学校の勉強をしなくても
親はやりたいことをやらせてくれた、とのこと。

<自分の娘に置き換えてみると…>
娘にとっての「やりたいこと」は、コロコロ変わります。

工作にはまってひたすら段ボールを切って部屋を作ってみたり
日本地図にはまり都道府県それぞれの地形をノートに書き
これは何県か?とクイズを作ってみたり…

最近は宿題をやらずに熱中していることが多いので
早く宿題やりなさい!と怒ってしまうのですが
温かく見守ろうと反省しました。

林先生のお話は小気味いいリズムで
毒舌を交え、あっという間に終わってしまいました。

娘は楽しみにしていたわりには
午前中の空手の稽古で疲れていたのか
講演の途中からすっかり夢の中へ…(2列目で見ていたのにごめんなさい)

そもそも講演に行きたがっていたのは私でなく娘で
林先生の出演するクイズ番組や
東大王というクイズ番組が大好きで
本物の林先生が見たい!ということで行ってきました。

あまりにも「東大」というワードにこだわるので
将来は東大生か?!と親バカな私は思うのでした。

↓書写の先生から励ましのメールをもらい、宿題に勤しむ娘です。
(私が怒っても言う事聞かない頑固者…)

 

 

 

横浜の税理士は響き税理士法人 法人税務・相続贈与・会社設立を中心に税務会計業務をサポート
響き税理士法人におまかせください!
〒220-0004 横浜市西区北幸1-4-1天理ビル9階
TEL:045-313-3800 FAX:045-313-3817

無料相談実施中 お気軽にお電話ください TEL:045-313-3800 メールでのお問い合わせはこちら
24時間受付中  メールでのお問い合わせはこちら

響き税理士法人のお役立ちコラム

特設採用サイト

プライバシーマーク

響き税理士法人は、個人情報の取扱いを適切に行う事業者としてプライバシーマークの使用を認められた認定事業者です。

TKC全国会 響き税理士法人はTKC全国会会員です

経営革新等支援機関