スタッフ日記

投稿者:川邉
2019.03.25

久しぶりの大山へ 【会社設立・相続は横浜の響き税理士法人にご相談ください】

こんにちは。川邉です。

気温も上がってきましたので
心の浄化をするため軽く山に登ってきました。

かなり久しぶりの登山です。
丹沢の大山です。
標高は1252mです。

小田急線の伊勢原駅からバスで大山ケーブルカー駅の手前まで行き、そこから歩いて登ります。

阿夫利神社の下社につながる参道は古き良き商店街のような風情で変わらず賑わっていました。

観光地としての集客力はなかなかのものです。
大山豆腐ということで豆腐料理が有名ですが
個人的にはしし鍋が美味しそうでした。
ワイルドな感じが大変良いです。

ケーブルカーで下社まで行く人は多いですが
歩いていく人はごく一握りの若干M?な人たちです

男坂という急な階段を登っていきます。ほんとに急です。

降るときは、慣れていない人だと恐怖を覚えてカニ歩きになるレベルです。
今回もカニが出没していました。

比較的緩やかな女坂もありますが、こちらは帰りに使う予定です。

下社を後にして頂上目指して登ります。
春が近くなってきたとはいえ、標高が上がると気温も低くなってきます。
手袋をしていなかったので指がうまく動かなくなってきました。
ノートにメモするとミミズが這ったみたいなひどい字です。
普段とあまり変わらないと言われそうな気もしますが。

途中富士山の方向を見やりましたが、もやがかかっていて見えませんでした。
暖かくなって空の透明度も下がってきているようです。
ただ、山に登ったので心の透明度は上がった気がします。

鹿が草を食んでいました。
目が合いましたが、人に慣れてるようで動じてないです。
しばし見つめ合いました。
あまりドキドキしませんでした。

熊の目撃例の注意看板もありました。
熊よけの鈴は持参していないので
出会い頭に合わないように注意します。
ちょっとドキドキします。

歩き始めてから2時間半。
やっとてっぺんに着きました。
山頂からの景色は、街がちっぽけに見えていつ見ても気持ちがいいです。

見晴台を経由しておりていきます。
ちなみに見晴らしの良さは普通です。
少しずつ下界が近づくにつれ、心なしか花粉の濃度も上がってきたように感じます。

比較的緩やかな女坂を降りていきましたが
脚が悲鳴をあげて膝が笑いはじめました。
なかなかの爆笑具合です。
笑いが止まらないです。
お腹は痛くないです。
今年は登る回数を増やして膝が微笑をたたえているぐらいのレベルにしたいなと切に思いました。

無料相談実施中 お気軽にお電話ください TEL:045-313-3800 メールでのお問い合わせはこちら
24時間受付中  メールでのお問い合わせはこちら

響き税理士法人のお役立ちコラム

特設採用サイト

プライバシーマーク

響き税理士法人は、個人情報の取扱いを適切に行う事業者としてプライバシーマークの使用を認められた認定事業者です。

TKC全国会 響き税理士法人はTKC全国会会員です

経営革新等支援機関