相続贈与Q&A

どのような場合に相続がはじまるのか。

1 死亡
2 失踪宣告

〈相続開始原因〉(882条、30条、31条)

ある人(被相続人)が亡くなったことにより開始します。
ちなみに、法律上は、自然死だけではなく、一定期間行方不明の人が死亡したものと擬制される「失踪宣告」という制度によっても開始することになっています。近親者が長期間行方不明であるのに財産が残されている、という人は、失踪宣告を検討されたほうがよいかもしれません。

このように、あくまでも(失踪宣告の場合であっても)死亡によって相続が開始されることになっているため、生前に相続が発生することはありません。そのため、生前に財産を譲渡することは、相続ではなく「贈与」として扱われることになります(税法上の特例については→こちら)。

無料相談実施中 お気軽にお電話ください TEL:045-313-3800 メールでのお問い合わせはこちら
24時間受付中  メールでのお問い合わせはこちら

響き税理士法人のお役立ちコラム

特設採用サイト

プライバシーマーク

響き税理士法人は、個人情報の取扱いを適切に行う事業者としてプライバシーマークの使用を認められた認定事業者です。

TKC全国会 響き税理士法人はTKC全国会会員です

経営革新等支援機関