• HOME
  • >
  • スタッフ日記

スタッフ日記

投稿者:安藤
2019.02.18

科学する

こんにちは、安藤です。

最近、「○○を科学する」という本をいくつか見けました。

中身は全く読んでおりませんが
科学するという感覚が
自分自身からなくなってきてると感じます。

社会に出て仕事をはじめてから
自分が学問から離れた場所にいることに気付きました。

身近な疑問であったり
新聞のニュースを調べたり研究するようなことも
体力的な問題なのか
自己の怠慢なのか
できなくなってきました。

学生の頃は誰しもレポートに追われて
嫌でも与えられた課題について調べて、
自分で考えた何かしらの答えを記述していたと思い出しました。

今日、ほとんどの方が、労働をされているかと思います。
一般的に仕事は効率が高い方がいいです。

車の販売で考えれば
モーター技術について膨大な時間の研究を行ってきた人よりも
現場のノウハウの研修を1日受けた人の方が
多く車が売れて「効率が良い」のだと思います。

高度分業社会では
作業や仕事の意味は分からずとも
先人たちの知恵を借りて
高効率な業務を行う事ができています。

仕事と学問ではアプローチも
プロセスも質的に全く異なるように私は感じています。

「○○を科学する」という力が人生で役に立つかはさておき
自分自身で何かを調べたり
研究するのは楽しいという気持ちは
忘れずにいたいと思います。

投稿者:岡本
2019.02.12

3か月で5キロ

こんにちは。岡本です。

年末年始後の冬場は、御馳走で重くなった体を絞るダイエット系の特集が
雑誌などでよく組まれていますね。

野球をやっている長男は、この冬、3か月で5キロ増量せよ!という指導に取り組んでいます。
減らすのも大変ですが、増やすのも大変です。
頑張って食べていると、段々許容量も増えていく様で、
前よりたくさん食べるようになってきました。

1日3食の他におにぎりを3個食べています。糖質オフ派の人とは真逆の生活です。
米に増量効果があるのか疑問でしたが、たんぱく質も入っていて、
詳しいことはわかりませんが運動の前後で食べると筋肉作りの助けになったりするそうです。

人間の体には、その土地で取れたものが生物学的に合うと言いますから、
米はきっと合うと信じて、おにぎり作りに励みます。

投稿者:北島
2019.02.04

ちょっと遅い初詣

こんにちは、北島です。

少し前のことになりますが、1月頭に少し遅い初詣に行ってきました。
友人へ県内の寺社でおすすめはないかと聞いたところ、
川崎大師さんはどうかと案が挙がったのでそちらへ。

友人も実際には行ったことがなかったそうで、
テレビCMでよく見るから~くらいの気持ちで行ったのですが。
なんと初詣の参拝者数が全国三位になるほどの有名なお寺で、
知らずに行った我々は人の多さに唖然としていました……。

あまりに人が多いため、境内に入るまでに入場規制があり、
しばらく待ってから中へ。
広い境内も混みあっていて、
御朱印や厄払いの受付にも長蛇の列が出来ていました。

境内の中も外もお祭りの時のように出店が並んでいましたが、
他のところではあまり見ない気がする、ケバブのお店が多かったのが印象的でした。
何か理由があるんでしょうか……。

お寺の回りにも飴屋さんやだるまをたくさん取り扱っているお店などがあり、
昔ながらのよい雰囲気の所という印象でした。
また時期を改めて行く機会があったらいいなと思っています。

投稿者:前田
2019.01.28

寝ぐせ

こんにちは。前田です。
寒い日が続いていますね。

私は相変わらず育児に追われる毎日を送っています。
娘も1歳になり、言葉が増えたり出来ることが増えたりととても成長を感じます。

最近の成長(?)で嬉しかったことは寝ぐせです。
娘は薄毛で、通っている保育園の中で一番髪が少ないです。
これまで頭皮が見えるくらい薄かったのですが、最近やっと黒々してきまして、
なんとつい先日、朝起きたときに寝ぐせがついていたのです!!
寝ぐせがつくくらい髪が増えたことに感動してしまいました。

たかが寝ぐせ、されど寝ぐせ。
こんな小さなことで嬉しい気持ちになる育児は楽しいですね。
大変なことも多いですが、これからも仕事と育児の両立頑張りたいと思います。

投稿者:石井
2019.01.21

子供は風の子

年末年始、皆さまいかが過ごされましたでしょうか。

私は子供が生まれてからは、年明けまではお正月の準備や学生時代の友人と
会ったりして過ごし、年明けは夫婦お互いの実家へ新年の挨拶に行くという
ことが恒例になっています。

二人の子供も5歳と2歳、口も達者になり、実家での主役は子供たちです。

ただ、正月の集まりは子供たちにとってはちょっと退屈だったようで、
公園に行きたいということになりました。

大人は寒くて早く帰りたかったのですが、子供は寒さをものともしません。
鼻水を垂らしながら遊びます。

おじいちゃん、おばあちゃんに自分たちのできることを精一杯アピールします。

おかげで、帰りの車の中は二人ともぐっすり眠ってしまいました。

私も子供たちに負けないよう、今年も精一杯頑張っていこうと思いますので、
よろしくお願いいたします。

投稿者:北野
2019.01.15

辛いインフルエンザ

こんにちは、北野です。

実は12月の最終週
インフルエンザで苦しんでおりました。

予防接種をしていたにも関わらず
39℃の熱と酷いだるさ
全身筋肉痛のような痛みで
生きた心地がしませんでした。

しかも次男も熱が出ており
でも元気に動けるという状況だったので思うように休めず…

病院に行っても
動き回る子供を止めることができませんでした…

インフルエンザになったのはいつ以来でしょうか。
10年以上ぶり??
職場にも大変な迷惑をかけてしまいました。

今後は手洗い、うがいを徹底したいと思います。
皆様もどうぞお気をつけください。
健康体のありがたみを感じた出来事でした。

投稿者:江口
2019.01.07

催眠効果

明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い申し上げます。

年末年始はいかがお過ごしになりましたでしょうか。

我が家は例年通り、新潟県妙高市にある夫の実家に帰省。
大量の雪に子供とはしゃぎ、大晦日の夕食はすき焼き、
NHKの紅白を見ながら義父の手作り蕎麦を頂き、
元旦の朝はお雑煮にお節・・・と定番コースでした。
正月のお笑い番組を見過ぎたせいか、初夢には小垰さん登場。
初詣のおみくじは大吉を引きました!

ただ、いつもと違い、年末には長女の音楽の宿題のため、
何とバレエ(くるみ割り人形)を鑑賞しました。
初めてのバレエ鑑賞に興奮!
スラリと鍛えられた肢体、美しいオーケストラに合わせて、
軽やかに躍るバレリーナに心から感動していました
・・・ところが、何度も繰り返されるクルクル回転を見つめているうちに、
どうしても眠くなってしまい、気を失うことしばしば。
普段から「妖怪寝言ばばあ」と娘たちから言われているので、
絶対に眠るまい、と誓っていたのですが。
きっと、あのクルクル回転には催眠効果があるに違いありません。

催眠効果と言えば、夫の運転する車に乗ると、
何故か眠ってしまうのも、私の悪い癖です。
おそらく一種の車酔いだと思うのですが、
帰省の際は毎回、気が付いたら現地に到着しているという有様。
結婚前はよくドライブに連れていってもらったのですが、
その時も寝てばかり。夫が結婚を決めたのは、
余程、寝言が笑えたからではないかと思います。

今年一年、皆様にとって良い年になりますように。

投稿者:葛西
2018.12.17

幸せの一時

初めまして。
9月18日に新たに事務所に入社いたしました葛西と申します。

社会経験がない状況での入社なので
覚えることや分からないことが多く
皆様にご迷惑ばかりお掛けしてしまいますが
1日でも早く仕事を覚えて
役に立てる人になれるように頑張って行きます。
今後とも宜しくお願い致します。

先月末に大切なお仲間さんとディナーに行ってきました。
場所は横浜駅東口から徒歩5分くらい歩いた所にあります。

雰囲気もとても良くお洒落な所で落ち着きました。
シェフが作ってくれる料理は美味しく
お酒の種類もたくさんありました。

幾つかあるメニューのうち
特に私の好きな料理は
お店のシェフのおすすめのパスタです。

今回はトマトクリームソースをベースに
メニューに載っていないパスタを作ってくれました。

スタッフの方とも気軽に話せて楽しめるお店で、
お仲間とも話が盛り上がって閉店時間まで楽しませて頂きました。

また大切なお仲間さんと一緒に
何処かにいけたらいいなと思っています。

投稿者:澤野
2018.12.10

秋の高尾山

こんにちは。澤野です。
今年は比較的暖かい日が多かったせいか、近頃の冷え込みがグッと厳しく感じますね。

私はこの秋、同僚と一緒に高尾山に行ってきました。
何年も前から行きたいと思いながら、なかなか行けずにいたので息子も大喜びでした。

高尾山駅に着くと、ハイシーズンとあって大賑わい。
お団子が売っていたり、着いた早々、気分が盛り上がります。

上りは頑張ろうと思い、ケーブルカーの乗り場は通り過ごして
6号路の山道に張り切って入って行きました。
脇には沢がせせらぎ、マイナスイオンを感じながら、気持ちがいいねーっと、
まだまだ足取りは軽快です。

次第に樹の幹がゴツゴツしてきて、階段状の道が現れ始め、ちょっと息が切れてきました。
「顔がマジですけど大丈夫ですか??」と同僚に声をかけられ、
必死になっていたことにハッとしましたが、「ダメです」という訳にもいかず…(笑)
見かねて、「あまり段差のないところを選んで歩いたほうがいいですよっ」
アドバイスしてくれました。
何とか遅れないようにとついて行きますが、子供の姿はどんどん小さくなり、
だいぶ先を歩いてるようです。

パーッと景色が広がり、頂上に着いたのかと思ったら、まだ中腹の展望台。
汗がダラダラ出てきましたが、もうひと頑張りです。

続いて3号路を進みました。
すれ違う下山客の方に、あともう少しよっと励まされながら、頂上を目指します。
年配の方も多くいらして、やっとこさっとこ上っている自分がちょっと恥ずかしく、
日頃の運動不足が悔やまれます。

ようやく頂上に到着!!
お天気も良く富士山もくっきりと見えて、最高の景色でした。

色づき始めた樹々を眺めながら、お昼を食べて一休み。
今度は4号路を下り、中腹からはケーブルカーで下りることにしました。
目の前に現れた線路は、傾斜が31度ということで、真っ逆さまに落ちていく感じ。
もちろん速度はゆっくりですが、ちょっとビクビクしてしまいました。

高尾山は、聞いていた通り、様々なコースがあり、トイレ等の設備も整っていて、
初心者や子連れには出かけやすいところでした。

またどこかに挑戦できるように、もう少し鍛えないとなぁと思いながら、
その晩は足に湿布薬を塗りまくって休みました。

久しぶりに、自然を満喫するお出かけが出来て、とても気持ちが良かったです。
皆さんは、どんな秋を過ごされましたでしょうか。

投稿者:浜本
2018.12.03

のど自慢♪

こんにちは、浜本です。
誰もが一度は観たことのある、NHKのど自慢が地元で開催されました!

私は観覧と出場、どちらも応募しましたが落選…

のど自慢出場は以下の流れで決まります。
1、ハガキによる選考で250組に絞られる
2、生放送前日に予選会が開催され、20組が予選通過し出場決定

予選会は出入り自由なので、観に行ってきました。
1人当たり40秒くらいが持ち時間で、生バンドで歌います!
会場はのど自慢ファンで埋め尽くされ、とても和やかで温かく、良い時間を過ごせました。

のど自慢に出場するには、歌のうまさよりエピソードが重要のようです。
今回の出場者の中には、20年以上応募し続けてやっと出場できた、という方がいました。
そして市外参加者が多い!本番の合格者5名は全員市外でした。

私も出場を夢見て、エピソード作りに励みます(笑)

のど自慢予選会場ではグッズも販売されていました。
マイクの形した箱に飴が10個で700円でした。なかなかのお値段…
記念に購入して、はいポーズ!

無料相談実施中 お気軽にお電話ください TEL:045-313-3800 メールでのお問い合わせはこちら
24時間受付中  メールでのお問い合わせはこちら

響き税理士法人のお役立ちコラム

特設採用サイト

プライバシーマーク

響き税理士法人は、個人情報の取扱いを適切に行う事業者としてプライバシーマークの使用を認められた認定事業者です。

TKC全国会 響き税理士法人はTKC全国会会員です

経営革新等支援機関