スタッフ日記

投稿者:岩野
2016.09.20

日本海の風光明媚な地を走った100kmウルトラマラソン 【会社設立・相続は横浜の響き税理士法人にご相談ください】

こんにちは岩野です。

昨年に引き続き歴史街道丹後100kmウルトラマラソンに挑戦してきました。
歴史街道丹後100kmウルトラマラソンは、京都府の北部・丹後地方を走る100kmのウルトラマラソンで、
前半に高低差150mの峠を2回、後半に400mの山を登り下りする起伏の激しいコースです。

さらに今年は若干コース変更されていて、
道中のアップダウンが少し追加されているようで、きつそうな印象を受けました。

前回は当日受付して慌ただしく準備してスタート地点についた感じだったので、
今回は前日受付して挑みました。

前日夕方には会場入りし、ゼッケンや預け荷物用の袋を受け取り、
前回同様温泉施設で体を休めた後に、道の駅で車中泊・仮眠をして会場へ。
前日のうちに色々準備できたおかげで、当日は20分前にスタート地点につけました。

当日はあいにく終日の雨予報、スタート前に激しい雨が降り、この雨の中の走るのか
と不安をよぎりましたが、スタート直前にピタリと雨がやみスタート。
ここから100kmの旅が始まります。

iwano16092001

<0km~29.8km(第1関門まで)~53.9km(第2関門)>
4時半にスタート、前回は前半で飛ばしすぎたので、
最初はゆっくりとしたスピードで走り、最初の難所高低差150mの七竜峠(しちりゅうとうげ)を越えました。

峠を越えた後は、久美浜湾という穏やかな海岸を沿うように走り、第1関門の29.8km地点まで軽快に通過。
ここで相方が、ローカル線に乗って応援に来てくれ、元気をもらいました。

第1関門を抜けてしばらく走ると、再び七竜峠に入ります。
ゆっくりと確実に足を進め無事に越え、43.5km地点の浅茂川漁港エイドステーションへ。

小中学生ボランティアのマッサージを受けて足も回復、
特製うどんでエネルギー補給をし、再び走り始めました。

iwano2016092002

その後海から町の中心部、道の駅や温泉など多様に景色を変えるコースを通り、
第2関門の53.9km地点に到着しました。

ここで相方と再び合流。
持参してくれていた医療用鎮痛剤スプレーを足や腰にかけてくれ、
マッサージをしてもらい、まずは体のバランスを整えます。

エイドステーションで丹後名物のばら寿司でエネルギー補給をし、
預けてあった荷物から必要なものを取り出し、最大の難関の山越えに挑みました。

iwano16092003

<53.9km~71.8km(第3関門まで)>
ここから3kmほど走った後にコース最大の難所である400mの山登りが始まります。
第2関門で十分時間をとって休んだおかげで、足に溜まっている疲労は幾分か回復しており、
走りと歩きを交互に繰り返しながら、コツコツと登っていきました。

斜面をかけ登るようなもっともきついところは、完全に歩きながらですがなんとか
今回も登りきり、第3関門の71.8km地点に到着。
エネルギーを補給し、また走り始めます。

<71.8km~85.0km(第4関門まで)>
ここからは7kmでコツコツ登った400mを一気に下ります。
惰性を使ってスピードを出し、かつ足にあまり負担のかからない走りで軽快に下りました。
下る途中でとうとう雨が降ってきて、その後はゴールするまでずっと雨の中走ることに。

雨が降り始めた後の下りは滑るので気を付けながら走り抜け、
山陰ジオパークと呼ばれる景勝地でもある日本海沿いの道を通って、
最後の関門である第4関門85.0kmに着きました。

エイドステーションで再びマッサージ(今回は二人がかり)と相方の医療用鎮痛剤スプレーを受け、
補給食を食べて、ゆっくり休憩した所で、ゴールへ向けて走り始めました。

<85.0km~100km(ゴールまで)>
ここからラスト15kmはほぼ程海岸沿いの道をゴールまで向かいます。
流石に足に痛みがはしり、思ったように進みません。

ここまで来たらゆっくりでもよいので確実に進もうと、小刻みにくるアップダウンを
走りと歩きを交互に繰り返しながら進んでいきました。

ゴールのある町の中心部に近づくと、沿道の応援が少しずつ増え、声援に後押しされて、無事ゴールしました。
タイムは12時間33分05秒で、昨年より10分近く縮めることができました。

iwano16092004

今回も苦しい時はありましたが、昨年よりも終始楽しく走ることが出来、
ゴールした時の達成感はこれまでの苦労が吹き飛ぶほど感慨深かったです。
相方には今回も当日までの準備や応援、体のケアをしてもらい、とても感謝しています。

TAI-TAN(10回完走者への称号)目指して、また来年もこのレースに参加出来たらと思います。

<マラソン前にプチ観光>
今回はウルトラマラソン前日に時間があったので、プチ観光をしてきました。
行ったのは、日本三景のひとつの天橋立です。

天橋立を一望できる絶好のポイントである天橋立ビューランド(展望台&遊園地)に行きました。
こちらへはモノレール又はリフトのどちらかで上に行くことができ、

行きはリフト、帰りはモノレールに乗っていきました。

iwano16092005

ここの展望台には股のぞき台というものがあり、
台から股のぞきをして天橋立を眺めると天に舞う龍のように見えることから、
展望台は「飛龍観」と呼ばれているそうです。

皆さんにも伝わりますでしょうか。

iwano16092006

iwano16092007

それ以外にも知恵の輪を狙って素焼きの皿を投げ、見事くぐれば願いが叶うという「かわらけ投げ」、
曲がりくねった龍の形をした回廊の「飛龍観回廊」や観覧車・サイクルカー等大人から子供まで楽しめるところでした。

昼食にこの地域の名物の板わかめを使ったそばを堪能。磯の香りに加え、
パリパリとしたわかめの触感が楽しいそばでした。

iwano16092008

ちょっとの滞在でしたが、天橋立の見どころを押さえることができ、充実した時間を過ごせました。

 

響き税理士法人

無料相談実施中 お気軽にお電話ください TEL:045-313-3800 メールでのお問い合わせはこちら
24時間受付中  メールでのお問い合わせはこちら

事業承継

プライバシーマーク

響き税理士法人は、個人情報の取扱いを適切に行う事業者としてプライバシーマークの使用を認められた認定事業者です。

TKC全国会 響き税理士法人はTKC全国会会員です

経営革新等支援機関