スタッフ日記

投稿者:江口
2012.10.01

お目付け役

我が家には、自由奔放な恐怖の2歳児がいます。

夜は眠りながら転がってきて家族を蹴り、5回は起きて「お茶」「抱っこ」。
食事では苦手な野菜は口から吐き出し、スーパーでは欲しいものが買ってもらえないと、
地べたに座り込んで大泣きし、無理やり連れて帰ろうとすると「助けてー」。
バスの中では、恥ずかしい自作の歌を熱唱。
長いもの(鉛筆など)はとりあえず鼻の穴に入れてみる・・・。

中でも困るのは、7歳の姉の所有物に大変な興味があり、本や折り紙、小学校のプリントなどを
目敏く見つけては、ハサミで切り刻むことです。

そこで考えたのが、木彫職人だった父が作った「獅子頭」です。
この獅子頭が置いてある部屋には、怖がって絶対に入ってきません。
入口の戸がわずかに開いているだけで走って逃げていきます。
ここに大事なものを保管しておけば安全。

この獅子頭は、食べ物の好き嫌いや、歯磨きを拒む、興奮して寝付いてくれないときにも有効で、
「獅子さん来るよー。」と言うと、大急ぎで野菜も食べるし、自分から歯ブラシを持ってきますし、
大慌てで布団に入って目をつぶり寝たフリをします。

これなら親が直接叱るわけではないし、その慌てぶりが可愛くてクセになりそうですが、あくまでも
最終手段。やはり脅かされてりばかりでは、自己肯定感がなくなり能力が低下するとか・・
人を育てるのは難しいですね。どうにかして褒めて育てるように頑張ります(汗)。

 

 

メールでのお問い合わせ
無料相談実施中 お気軽にお電話ください TEL:045-313-3800 メールでのお問い合わせはこちら
24時間受付中  メールでのお問い合わせはこちら

プライバシーマーク

響き税理士法人は、個人情報の取扱いを適切に行う事業者としてプライバシーマークの使用を認められた認定事業者です。

TKC全国会 響き税理士法人はTKC全国会会員です

経営革新等支援機関