スタッフ日記

投稿者:川邉
2012.06.08

幸福の使者

通勤途中にふと懐かしい鳴き声がした。
上を見上げると電線に二羽のツバメが楽しそうにさえずりあっていた。

そういえば最近ツバメの姿をあまり見ていない。
横浜の住宅地に住んでいるので、ツバメの餌になりそうなものが少ないのだろうか。
確かに、近くには田んぼも畑もない。
見渡す限り、家、家、家だ。

以前住んでいた秦野では、春から夏にかけてツバメが空を乱舞する。
その飛行技術は見とれてしまうほど美しい。
そこら中の電線の上でピーチクパーチクと井戸端会議をやっている。
ツバメの鳴き声がすると、いつも上を見上げそのかわいらしくも優美な姿を、目を細めて眺めていた。

実家の壁にツバメがよく巣を作っていた。
一日百回以上も餌をもって、親鳥が巣に舞い戻る。
待っていましたとばかりに、雛鳥が一斉に鳴き声を上げる。
親も必死だが、子も餌をもらおうと必死だ。

ツバメの巣は、人口密度?がかなり高い。
生まれたてはよいが、少し大きくなってくると、
さながら朝のラッシュ時の電車のように周囲から幅寄せされる。
そのため、ときどき雛が巣から押し出されて下に落ちてしまう。
巣に戻してあげることもあるが、また落ちてしまいそうな場合には、
家の中で育てることになる。

段ボールにクッションとなる木材を敷き詰め、簡易的な巣箱を作る。
ツバメは緊張と恐怖のあまり、声一つあげない。
とりあえず餌をあげようと、ペットショップでミルワームという餌用の虫を飼ってくる。
餌を近づけても口を開けないので、無理やり口をこじ開け餌を押しこむ。
口に入れば、吐き出すことなく食べてくれる。

慣れてくると、今度はピーピーと餌の催促が始まる。
現金なやつだ。餌を近付けると、勢いよく口を開ける。
ほぼ一日中鳴きっぱなしだ。
餌をあげると鳴きやむが、またすぐに鳴き出す。

一日中食べては、出しての繰り返し。
ほんとによく食べるし、よく出す。
静かになったら、満腹もしくはトイレタイムだ。
ツバメは巣の外にフンをするので、お尻を巣の外に向け、
巣の淵に身体がひっかかるまで移動してからフンをする。
よくできている。
ところが段ボールの中は平らなので、ひっかかりがない。
どうなるかというと、フンをするときは後ろにダッシュで進むことになる。
この動きを見ると思わず笑ってしまう。

毎日ひたすら食べているため、大きくなるのも早い。
当初貧弱だった身体も次第に大きくなり、白と黒のコントラストがはっきりし、
翼もしっかりしてくる。
空を優雅に飛び回るツバメの姿になってくる。

頻繁に翼をばたつかせている。そろそろ巣立ちの時期だ。
窓を開け、近くに巣を置く。
ピーと一鳴き挨拶してから行くこともあるが、たいてい気が向いたときに無言で巣立っていく。

ツバメが人になつくことはないので、飛び立つときは、あくまでドライだ。
対して、育てた側は嬉しくもあり、寂しくもあり。
少々ウェットだ。

以前育てたツバメのことを思い出しながら、懐かしい感慨にふけっていた。
この時期、多くのツバメが子育てのため日本に渡ってくる。
さて、今年はどんな幸福を運んできてくれるのだろうか。

メールでのお問い合わせ
無料相談実施中 お気軽にお電話ください TEL:045-313-3800 メールでのお問い合わせはこちら
24時間受付中  メールでのお問い合わせはこちら

プライバシーマーク

響き税理士法人は、個人情報の取扱いを適切に行う事業者としてプライバシーマークの使用を認められた認定事業者です。

TKC全国会 響き税理士法人はTKC全国会会員です

経営革新等支援機関