スタッフ日記

投稿者:大久保
2018.08.06

打ち水

はじめまして。3月に入社いたしました大久保と申します。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

連日、猛暑が続いておりますが、皆さまはお変わりございませんでしょうか。

さて、皆さまは「夏」というと、どんな言葉を思い浮かべますか?
夏休み、帰省、旅行、お盆、朝顔、海水浴、かき氷、西瓜、蝉しぐれ、風鈴、花火etc.
夏を彩る日常風景が、たくさん思い浮かぶのではないでしょうか。

ところが、私は近年の異常気象で、思考回路もマヒしてしまったのか、
「夏」といったら、「猛暑日」「熱中症」「水分補給」といった言葉が、
真っ先に思い浮かぶようになってしまいました。

ひとことで「夏」といっても
季節の移り変わりに応じて「初夏」「真夏」「盛夏」「晩夏」
などの言葉が用意されています。

日本の夏は、本来、季節の微妙な移り変わりを感じられる豊かな季節ですね。

テレビで、「打ち水」をすると、温度が下がるだけでなく
見た目にも「涼」を感じられると紹介されていました。

「打ち水」は、道や庭先に水をまくことですが
「場を清める」という神道的な意味があるそうです。
玄関先などへの打ち水は、お客様をお迎えする、おもてなしの心遣いにつながります。

近年では都市部のヒートアイランド対策の一部として
一斉に打ち水を行うことが奨励され、
効果的な時間帯や場所、やり方なども研究されているようです。

あわただしい毎日を過ごしておりますと、目の前のことばかりに気をとられてしまいますが、
心に「涼」を感じるゆとりを持つことが、とても大切だと実感した次第です。
「打ち水」という日本の文化を、知らない世代も増えているかと思いますが、
先人たちの知恵に学んで、心豊かな「夏」を過ごしたいと思うこの頃です。

残暑厳しい折から、どうぞくれぐれもご自愛下さいませ。

メールでのお問い合わせ
無料相談実施中 お気軽にお電話ください TEL:045-313-3800 メールでのお問い合わせはこちら
24時間受付中  メールでのお問い合わせはこちら

プライバシーマーク

響き税理士法人は、個人情報の取扱いを適切に行う事業者としてプライバシーマークの使用を認められた認定事業者です。

TKC全国会 響き税理士法人はTKC全国会会員です

経営革新等支援機関