スタッフ日記

投稿者:川邉
2017.10.10

北アルプス表銀座縦走、再び。

こんにちは。川邉です。

9月に同僚と3人で北アルプスの表銀座縦走路を歩いてきました。久々の表銀座です。
中房温泉から歩き始め、燕岳、大天井岳を経由し、天空にそびえる槍ヶ岳へと誘われるルートです。
いったん稜線に出れば、槍ヶ岳の槍の穂先をずっと見ながら歩くことができる魅力的なルートで、
多数の人が歩くため、銀座という名がついています。
3000m前後の標高で、かなりの奥地ですが、混んでいます。
行程は2泊3日。通常3泊4日のルートのため若干きついです。

東京の竹橋から深夜バスで中房温泉へ。
5:30頃に到着して6時過ぎに歩き始めました。素晴らしく寝不足です。

しばらくは樹林帯の急登が続きます。
登るのは、合戦尾根。
北アルプス三大急登の一つと言われていますが、ちょっと名前負けしている感じです。
ただ、何時間も登り続けるので、しんどいことはしんどいです。

途中の合戦小屋では名物のスイカが売っています。
ちょうど疲れてくるいい感じのところに小屋があって、よく冷えたスイカを売っているのは、
戦略的になかなかです。
案の定、スイカにかぶりつくことになりました。よく冷えていて甘かったです。
さらに登るとようやく稜線上に燕山荘(えんざんそう)が見えてきました。
もう少しで急登とおさらばです。すでにぐったりです。

稜線に出ると、やっと北アルプスの山々が姿を現しました。
雄大な山並みがどこまでも続いています。
何度見ても目を奪われる景観です。
油断していると、日が暮れるので頑張って先に進みます。

北を向くと優美な姿の燕岳(つばくろだけ)が目に入ります。
北アルプスの女王の名に恥じず、白と緑のコントラストが美しいです。
標高は2763m。頭が痛くなりそうな高さです。
なお、同僚の一人は、優しさでできているらしい薬で頭痛をごまかしていました。

山頂からの景色をしばらく楽しんで、これから歩いて行く稜線を見やります。
すでに6時間歩いていますが、本日の目的地はまだまだ先です。
ちょっと、いや、かなりめげそうになります。
燕山荘に戻って、少し休んでから歩き始めました。


よく晴れていたので、北アルプスの雄大な山並みを眺めながら歩くことができました。
普段であれば、素晴らしい景色を見ながらなので、笑顔で歩いていきます。
端から見るとニヤニヤしているので、若干怪しいかもしれません。
ただ今回は、寝不足と疲労と薄い酸素のせいで、テンションの上がりがイマイチです。
笑顔というよりは、少し顔がひきつっている感じです。

目指す先にピラミッド型の山が見えました。
大天井岳(おてんしょうだけ)です。なかなか存在感のある山です。
本日の目的は、その山の先にあります。
まだまだ遠いです。果てしないです。
めげそうです。

大天井岳の手前で歩いてきた道を振返ると、燕岳からきれいな稜線が続いています。

ちょっと急な下りを乗り越えて、やっと大天井岳の手前の分岐まできました。
山頂を経由していく予定でしたが、疲労困憊でスピードが文字通りカメのようになっていましたので、
山頂はパスすることに。

遥か先に槍ヶ岳の穂先が見えました。
ちょこんと小さい穂先ですが、明日はあそこまで歩いて行きます。
とりあえずは、今日の宿への到着が最優先です。

トラバース道を進み、かなりの急斜面を横切って行きました。
ほんとうに斜めになっています。落石は大丈夫かと不安になります。

岩がゴツゴツで歩きにくいことこの上ないです。
急斜面が続くので、スリルもなかなかのものです。
途中フラフラで足下がおぼつかなくなってきたので、道ばたで仮眠をとって急速充電しました。
少し目をつぶるだけで、切れかけの充電池に、若干ですが充電されました。
電池残量5%→15%

やっとのことで本日の宿、大天井ヒュッテにたどり着きました。
すでに17時をまわっていました。遅すぎです。
宿の主人にも遅すぎると叱られました。すみません。

夕食は山小屋にはめずらしく、カツが出ました。いい感じに勝てそうです。
ちなみに標高は2600m超です。気持ち悪くなる高さです。

翌朝4:30の朝食が済むと、ヒュッテの手前にある牛首展望台という高台へ90mほど直登します。
宿の主人によると、そこから見る景色が素晴らしいとのこと。
ゆっくり寝て、ヘロヘロ体力が回復したため、軽快に登っていきます。
展望台へ出ると、槍ヶ岳を初めとして、北アルプスの山々が360度のパノラマで迫ってきます。
目の前には、槍ヶ岳。朝陽に照らされ、光っています。
素晴らしかったですが、もう少し山肌が赤く染まるとなお良かったです。
ちょっと欲張りですね。


さて、本日は槍ヶ岳まで延々と歩いて行きます。
アップダウンがきつく、なかなかにめげそうです。
ヤリまで気をつけて歩いていきます。


途中、有名なトリカブトを見つけました。
美しい紫色で、個性的な形をしています。
思わず見入ってしまいます。
まさか根が猛毒を持っているとは思えないです。外見だけではわからないものです。

稜線を歩き、西岳までたどり着きました。時刻は9時です。
ここから、一気に下って水俣乗越をすぎると、東鎌尾根に入ります。
下りの途中、一人がハデにこけました。ズボンに穴がポッカリとあいて痛々しいです。
町でも山でも歩きスマホには要注意ですね。

東鎌尾根は、槍ヶ岳へ通ずる三本の鎌のように急峻な尾根の一本です。
切れ落ち具合がなかなかにいい感じです。
絶壁にかかっているハシゴも長くて良いですね。


稜線を登って行くと、槍ヶ岳がずいぶんと近づいてきました。
きれいな空とは反対に、気持ちはずいぶんとめげてきました。

ちょっと電池が切れてきました。充電しろとアラームが鳴っています。
残量は、ざっと5%です。

ということで、お昼休憩にします。
ヒュッテ大槍でラーメンを食べて気力を回復しました。
やっぱり味噌ラーメンが一番うまいです。
ラーメンが出てくるまでは、例によって仮眠で急速充電します。
寝てばかりです。
残量5%→20%

仮眠とラーメンでだいぶ復活したので、槍の穂先目指して再び歩き始めます。
すでに14時です。
ここまで来ると、槍の穂先が目前に迫ってきます。
それにしてもうまい具合に尖っているものです。
まさしく自然の造形美。

無事に槍ヶ岳山荘へたどりつきました。時刻は14:52です。
槍の穂先に登ろうとしたところ、ガスで覆われて見えなくなってしまいました。
おまけに雨まで降ってきて、完全にあきらめました。
今日は登らない方が良いということなのでしょう。
明日の天気に期待です。

さて、翌朝。無事に晴れてくれました。おそらく日頃の行いの成果です。

5時の朝食を食べて穂先へ取り付きます。
ここからは岩登りです。
かなり急な岩場ですが、以前に来たときと比較すると、ずいぶんと楽に登れました。
大分成長したものだと一人感慨に浸っていました。


山頂直下の垂直のハシゴを登りきると、絶景が待っていました。
日本で4番目に高い標高3180m。北アルプスの王様。
遮るものなどあるはずもなく、展望は360度。
ぐるっと北アルプスを見渡せます。

6畳程度の狭い山頂ということもあって、人がひしめきあっています。
ディズニーランドよろしく記念写真の待ち行列です。
こんなにへんぴな奥地なのに、まったく困ったものです。

雲が後方からわき上がってきて、影槍がブロッケン現象で虹の輪に包まれました。
幻想的です。いいことがありそうです。





混雑の山頂を堪能すると、つぎは絶壁の下りです。
登りと同様に思ったより楽に降りられました。
槍の肩までおりると、穂先がラピュタさながらに、雲に包まれ始めました。
ぎりぎりセーフです。



ここからは、上高地までひたすら槍沢沿いを下って行きます。
約7時間の長い道のりです。かなりうんざりしそうな距離です。

途中振返ると、槍が青空をバックに美しかったです。
もう少し歩くと穂先が見えなくなってしまいます。
さらば槍ヶ岳。


お風呂に入る時間を確保するため、かなりのスピードで歩きます。
道行く人をごぼう抜きにしていきます。
登りは遅いですが、下りはわりと速いです。
ただ、他の二人はやたらと速く、途中置いて行かれました。
やっとのことで追いつくと、横尾山荘でのんきにアイスクリームをなめていました。
まったくひどいものです。

槍沢が梓川へと変わり、上高地が近づいてきました。水も山も綺麗です。
日常生活で澱んだ心も綺麗にしてくれそうです。

飛ばしてきた甲斐もあって、14時前に上高地へ着きました。
足の裏がじんじんしてひどいことになっています。
とりあえず、三日ぶりの風呂に入り、汗を流しました。
やはり登山の後の風呂は格別です。

バスの時間が迫っていたため、早々に切り上げて、ターミナルへ急ぎます。
かろうじてバスに飛び乗り、松本駅を目指します。
松本駅で遅めの昼食というか夕食で肉にかぶりつき、今回の旅も終わりです。
それにしても、肉うまし。

総評として、楽しかったですが、もう少し体力がないと、よろしくないなという感じです。
若干、急速充電に頼りすぎの山行でした。

メールでのお問い合わせ
無料相談実施中 お気軽にお電話ください TEL:045-313-3800 メールでのお問い合わせはこちら
24時間受付中  メールでのお問い合わせはこちら

プライバシーマーク

響き税理士法人は、個人情報の取扱いを適切に行う事業者としてプライバシーマークの使用を認められた認定事業者です。

TKC全国会 響き税理士法人はTKC全国会会員です

経営革新等支援機関