スタッフ日記

投稿者:石井
2014.01.27

冬の味覚

ネット上には動画の説明もあり、わかりやすく解説されていました。
便利な時代です。

牡蠣の剥き方
1.殻の平らな面を上にする
2.上の貝と下の貝の境目に牡蠣剥き用のナイフを差し込む
3.ナイフを上の貝に沿わせて貝柱を切る
4.殻を開けて、身を取り出す

ところが、いざやってみると牡蠣の殻は層のようになっていて、
上の貝と下の貝の境目にナイフを差し込むのが難しく、
1つ目を開けるのに20分ほどかかってしまいました。

それでも悪戦苦闘すること3時間。無事30個の牡蠣の殻剥きが終わりました。
最初は時間がかかりましたが、慣れてくると1個2、3分で開けれるようになり
ナイフを刺してパカッと貝が開いた瞬間はとても気分がよかったです。

牡蠣は鍋に入れたり、カキフライにしていただきました。
やっぱり旬のものはいいですね。
今まで牡蠣を食わず嫌いだった妻も美味しいと言って食べていました。

ちなみに後で知ったのですが、電子レンジで温めると簡単に殻が剥けるそうです。
次の機会にはぜひやってみたいと思います。

ishii140127

メールでのお問い合わせ
無料相談実施中 お気軽にお電話ください TEL:045-313-3800 メールでのお問い合わせはこちら
24時間受付中  メールでのお問い合わせはこちら

事業承継

プライバシーマーク

響き税理士法人は、個人情報の取扱いを適切に行う事業者としてプライバシーマークの使用を認められた認定事業者です。

TKC全国会 響き税理士法人はTKC全国会会員です

経営革新等支援機関