相続贈与Q&A

現金と預金のどちらで保管しておくほうがよいですか?

あなたが亡くなるまで病院に入院していた場合には、あなたが亡くなった後、入院費を払わなければなりませんし、また、葬儀を行えれば葬儀費用がかかることにもなります。
前の質問でも述べましたが、あなたが亡くなったことを銀行が把握すると、預金口座は停止されてしまいます。
そのため、相続人にそれだけの費用を支払うのが難しいといった事情がある場合には、それら費用を支払うだけの現金はあらかじめ用意しておく必要はあるでしょう。
とはいえ、必要以上の現金を手元に置いておくことにも問題があることも、そこで述べたとおりです。
必要以上の現金は手元に置いておかない方がよいでしょう。

メールでのお問い合わせ
無料相談実施中 お気軽にお電話ください TEL:045-313-3800 メールでのお問い合わせはこちら
24時間受付中  メールでのお問い合わせはこちら

プライバシーマーク

響き税理士法人は、個人情報の取扱いを適切に行う事業者としてプライバシーマークの使用を認められた認定事業者です。

TKC全国会 響き税理士法人はTKC全国会会員です

経営革新等支援機関