• HOME
  • >
  • スタッフ日記

スタッフ日記

投稿者:川邉
2018.05.14

フルマラソン体験記

先日同僚に誘われて、埼玉の彩湖というところでフルマラソンに参加してきました。
1周5キロ弱を9周するコースです。15周70キロ走るウルトラマラソンと同時開催です。
時折ランニングをしたり、山に登ったりはしているのですが、フルマラソンは初めての挑戦です。
練習もかなり不足しているため、不安要素満載です。

朝9時スタート。体調は可もなく不可もなくといったところ。
滑り出しは悪くないです。とにかくマイペースでバテないように心がけます。

エイドステーションという水分とエネルギーの補給場所が2箇所ありました。
スタート地点と湖を挟んでちょうど向こう岸に位置しています。
周回コースのため、エイド設置が2箇所のみとなっており、人件費があまりかからないため
通常のマラソンより運営コストが低く抑えられていそうです。
その分参加費が安くて助かります。
横浜マラソンは18箇所もあるため、なかなかコストがかかってそうです。

ちなみに参加料は約4倍もの開きがあります。
交通規制も湖の周りだけなので楽そうです。
横浜マラソンは高速も止めてしまうので、いろいろと大変そうです。

脱水症状を起こさないように水分補給をしっかりするようアドバイスを受けたので、
エイドステーションの前を過ぎるたびにスポーツドリンクを飲むようにしました。
食べ物もときどき食べましたが、次第に気持ち悪くなってきました。
水の方が良かったかもしれません。

足が痛くても走ることはできますが、気持ち悪いと走るのは厳しいです。
30キロを過ぎると少し走って、歩いて、また走っての繰り返しになってしまいました。
次第に歩く時間が増えてきました。
制限時間に間に合うかどうか計算しつつ、あとゴールまで何周なのか、
それしか考えられなくなってきました。
とにかく走ると気持ち悪い。こんなに辛いのは富士山登山以来かもしれません。
それでも気力を振り絞って距離を稼ぎました。

同僚と同僚の奥様には何度か追い抜かれましたが、
その度に応援してくれ、もう少しだけ頑張ろうと思えました。
沿道の方も応援してくれて励みになりました。きついときの応援は本当にありがたかったです。
かろうじてゴールにたどり着くことができました。
やっと終わったという安堵感と最後まで走りきったという達成感でなんとも言えない気持ちでした。

マラソン会場を後にして、銭湯で汗を流し、軽く仮眠しました。
夕食はちょっと豪華にステーキとハンバーグを平らげました。
走っているときはあれだけ気持ち悪かったのにまったく現金な胃袋です。
至極当然ですが、マラソンは練習不足で挑戦するものではないですね。
やはり普段からの積み重ねが大事だなということを痛感しました。

余談ですが、最近トレーニング不足で自信がないと弱音を吐いていた同僚は、
15周70キロのウルトラマラソンをきっちり完走していました。

投稿者:岡本
2018.05.07

グルキャン

こんにちは。岡本です。

GWに次男の保育園仲間8家族でグループキャンプに行ってきました。
我が家は私と次男の2名で参加。
子供達は0歳の時から一緒に過ごしてきたので、
久々に集まっても兄弟の様に仲良しです。
DS等のゲームは禁止なので、川遊び、人狼ゲーム、バトミントン、花火など
外遊びをたくさんしました。
親達は、、、全員酒豪なので、集まるとよく飲みます。
約1ヶ月前に花見で飲んだばかり…集まるから飲むのか、飲むために集まるのか…

家での食事より豪華なメニューが並び大変楽しく過ごしました。

1週間仕込んだベーコン

ガーリックシュリンプ

ハッセルバックボテト

手ごねパン…その他色々

子供達は習い事で忙しくなりつつあり、一緒に遊べるのもいつまでかなと思うこの頃です。

投稿者:江口
2018.05.01

ヘルパーさんのお仕事

こんにちは。江口です。
ゴールデンウィーク前半、皆様はどのように過ごされましたでしょうか。

3月決算のお客様が一段落し、のんびりした休日……と思いきや、
私はヘトヘト、クタクタの前半戦となりました。

まず長女の宿題ヘルパー(国語)。
連休中に4冊の課題図書を読み、4冊とも感想文を書かなければならないというもの。
その課題図書というのが、

夏目漱石、志賀直哉、島崎藤村、芥川龍之介、
遠藤周作、三島由紀夫、川端康成、谷崎潤一郎、三浦綾子、塩野七生……
シェイクスピア、ディケンズ、エミリー・ブロンテ、コンラッド、
ヘミングウェイ、サリンジャー、レイチェル・カーソン、
トルストイ、チェーホフ、ツルゲーネフ、ヴィクトル・ユーゴー、サマセット・モーム……

国内・海外問わず、50人ほどの作家リストが並び、この中から選ばなければならない。
「どれが簡単?」と長女の質問。
ほかの教科からもたんまり宿題が出ており、時間は限られている。
とりあえず短くて、私自身が遠い遠い昔に読んだことのある、
(殆ど覚えていないですが)感想を書きやすいもの、を薦めました。
(ごく普通の中一に、いくらなんでも谷崎潤一郎は無理だろう……。文学少女には普通なのか!?)

そして、図書館へGO!
幸い、図書館通いは月2回、リュックに背負って借りてくることにしているので、
重い本を運ぶ仕事は慣れています(汗)。
何とか3日間で宿題は終わりました!

さて、次に次女の相手。こちらは肉体派なので、体力を使います。
母は泣きながら、一輪車とローラースケートの練習に付き合いました。
そして何故かクッキーを手作りしたがる次女……。
(少し意地の悪い次女は、わざと母の時間と体力を消耗させているに違いない。)

そして勿論、ビジーシーズンにおろそかになっていた家事仕事。
主婦に休みはありません!
まず、アブラ虫にやられ放題になっていたエンドウ豆を牛乳スプレーや
唐辛子入りのお酢、テントウムシも連れてきて救出、
雑草抜き、部屋の片付け掃除、子供の衣類整理、
冬物クリーニング、日々の炊事に洗濯、お風呂掃除にゴミ処分。まあ色々です。

こうして、あっと言う間に前半戦は終わってしまいました。
……後半戦は父の七回忌で新潟に帰省します。どうなることやら。

皆様のゴールデンウィークも充実したお休みになるよう、
祈っております。どうぞ、良い連休を。

投稿者:北野
2018.04.23

電車見学

こんにちは、北野です。
3歳になる次男が電車好きということもあり、
最近チョコチョコ電車を見に出かけるようになりました。

まずは近所のJRの陸橋で(笑)
ほとんど京浜東北線、東海道線が通るのですが、時々踊り子号、スーパービュー踊り子号が通ります。
次男は踊り子号が大好きです。
旧国鉄時代最後の特急列車で、明らかに他の電車とはフォルムもゴーっという走行音も違います。
なかなか渋い趣味だな、と思いながら見ていたのですが、
見ていくうちにすごくカッコいいことに気づきました(笑)。
次男は踊り子号が通ると「おーどーりーこー!!!」と叫びながら見ています。

スーパービュー踊り子号は、踊り子号より通過する頻度が少ないのですが、
青緑の綺麗な色で、存在感があります。
窓も大きく、スーパービューが見れそうです。

朝方、サンライズ出雲・瀬戸という珍しい電車が通ることにも最近気がつきました。

大井車両基地にも行きました。

昼間に行ったので、あんまり新幹線はいなかったのですが、ドクターイエローがいました!!
生でドクターイエローをみたことがなかったので、私も興奮してしまいました!

そして京急車両基地へ!

ここは、間近で京急を見ることができ、すぐ横に大きめの公園もあり、
そのまた向こうにはJRの線路も通っていて、子供にはなかなかよさそうな場所でした。
次男は、京急の基地用の踏切でずっと京急を見ていました。

東京駅に入場券だけ買って、新幹線ホームに新幹線を見にも行きました。
同じような親子が沢山いました。
はやぶさとこまちの連結部分は、撮影するのも大変なくらいの人でした。

自前のプラレール(電車の玩具)のはやぶさとこまちの連結車両を持ってきて、
本物の前で撮影している強者もいました。
次男は東京駅でも踊り子号を見つけて喜んでいました。

大宮の鉄道博物館デビューも近いかもしれないです。その次は京都??
純粋な気持ちで好きなものを好きでいること、忘れずにいたいものです。

投稿者:矢岳
2018.04.16

NBAプレーオフ開幕!

こんにちは。矢岳です。
4月14日(日本時間)にNBAプレーオフが開幕しました!

前シーズンではキャバリアーズとウォリアーズの決勝でしたが、
今シーズンはお気に入りのラプターズがレギュラーシーズンをトップで通過し、
優勝への期待が高まっています。

ラプターズは、NBAに所属するチームで唯一、カナダに本拠地を構えているチームで、
トロントをホームとしています。
今回のプレーオフは見に行けませんが、近いうちに観戦に行きたいです。

ラプターズのチームの特徴は「ベンチを含めた全員バスケット」です。
バスケットボールは、12分×4回の48分間(4クォーター制)で
最終的により多くの得点を獲得したチームが勝利となるルールなのですが、
試合中の選手交代が自由に何度でもできるため、
主力の選手をどのタイミングで休憩させるかが試合の勝敗を分けるカギとなります。

通常の戦略としては、主力メンバーを代わる代わる休ませて、
ゲームを通して得点力が下がらないようにするのですが、
ラプターズの場合には、スタメンを全員を第2クォーターにベンチに下げるという
独特の戦略を使うことで、選手の過度の体力消耗と無理を防ぐようなゲーム展開を行いました。
そのため、シーズン開幕からレギュラーシーズン終了まで
選手に大きな怪我をさせずに乗り切ることに成功し、
結果として、レギュラーシーズンをトップで通過、プレーオフに進出しています。

一人一人に大きな負荷を与えるのではなく、チーム内で負担を分散させるというのは、
バスケットに限らず、グループ行動の様々な場面で重要なことである気がします。
「One for all, All for one」はラグビーの言葉ですが、それにつながっていると思います。
日々の生活の中で、心掛けていきたいです。

投稿者:石井
2018.04.09

ズーラシア

桜も散り、大分暖かくなってきましたね。
転勤や卒業、入学などイベントが多く、環境に変化のあるこの季節。
体調を崩さないようにしたいですね。

さて、先日、よこはま動物園ズーラシアに行ってきました。

ズーラシアには以前にも行ったことはあったのですが、
2015年4月に開園した「アフリカのサバンナ」エリアを見てみたいとの
子どもからのリクエストがあり、足を運んでみました。

キリン、シマウマ、チーター、エランドがいる草原エリア。
写真にはキリンとエランドが写っています。

ミーアキャット。
立って周囲を見渡す格好がかわいかったです。
また、すばしっこく動き回るので、子供たちは大喜びでした。

ライオンは近くで見ると想像以上に大きく、さすが百獣の王といった感じで迫力満点でした!

途中、動物園内にある遊具(公園)にはまってしまい、すべて回ることはできませんでしたが、
下の息子は初めての動物園ということもあり、近くで見た本物の動物に大興奮の様子でした。

ズーラシアには今回散策したサバンナエリア以外にも、
「アジアの熱帯雨林エリア」 ゾウやトラ、オラウータンなど
「亜寒帯の森エリア」 ホッキョクグマ、ペンギンなど
「オセアニアの草原エリア」 カンガルー、エミューなど
「中央アジアの高地エリア」 サル、ロバなど
「日本の山里エリア」 ツキノワグマ、つるなど
「アマゾンの密林エリア」 カピバラ、メガネグマなど
「アフリカの熱帯雨林エリア」 オカピ、ニシキヘビなど
「ぱかぱか広場」 馬やハツカネズミなどの動物に触れあえる
などがあり、とても1日では回り切れないほどの広さ(53.3ha)です。

早くももう一度行きたいとの要望があり、
時期を見てまた、別のエリアの動物に会いに行きたいと思います。

投稿者:浜本
2018.03.26

こんにちは、浜本です。
寒い日が続きましたが、すっかり春になりましたね。

娘が毛筆をはじめました。
2回目に書いたものですが、なかなか上出来!

娘は4月から1年生!
一足先に学童に通い始めた娘は、上級生のお姉さんたちに取り囲まれて少し怯えているようです(笑)。
お姉さんたちは、小さい新一年生がかわいいらしく、よく面倒を見てくれています。
我が子も来年には、お姉さんたちのようになって欲しいなぁと思う母なのでした。

プリンセス大好きな我が子……
卒園記念にこんなドレスを着てみました(笑)

私はというと……なかなか進まない書写をもっと頑張らねば!と思っています。
4月から心機一転、がんばります!

投稿者:澤野
2018.03.19

楽しく作ってリフレッシュ♪

こんにちは。澤野です。

少しずつ暖かい日が増えてきましたが
寒の戻りがやってきたり、気温差の激しいこの時期、体調管理が難しいですね。

休日は、わりと家でゆっくり過ごすことが多いのですが
お昼ごはんが、けっこうマンネリ(涙)
久しぶりに、たこ焼きを作ろうということになりました。

タコだけだと、子供が飽きるので、
ウインナー、うずら&チーズ、ミニトマトなども入れて作ります。

高菜漬けやニンニク漬けなどがあれば、トッピングにすることも。
家で作ると、いろいろな味が楽しめていいですよねっ。

何かオススメのアレンジレシピがあったら、ぜひ教えて下さい!!

あれやこれや具材を入れているうちに火が通ってきて、
いつも上手くまとまるのかしらとヒヤヒヤするのですが、
無心でまるめている間もけっこう楽しく、丸~く仕上がると嬉しいものです。

頭を使わずに手を繰り返し動かす単純作業、
そして仕上がった時の小さな達成感は、ストレス発散にもなるとも言われますよね。
頭もスッキリ、おいしく食べられて休日にピッタリです。
パンをまるめる作業もこの類。

少々憂鬱なごはんの支度も、
家族でわいわい作ってリフレッシュの時間に出来たら一石二鳥ですね。
またいろいろみんなで作れるメニューにしようと思いました。

投稿者:岩野
2018.03.12

関東走って道の駅巡りin房総半島

昨年からマラソンのトレーニングの一環で、少し面白いことを始めました。
題して、「関東走って道の駅巡り」。
関東には道の駅が168駅ありまして(2017年4月現在)、そちらを走りながら巡るというものです。
最初の目的地の道の駅までは公共交通機関を使い、道の駅間は基本走って巡ります。
道の駅を巡った証として、スタンプブックに道の駅スタンプを押して走ることにしました。
今回は泊りがけで房総半島の道の駅12駅を巡ってきました。

 

<1日目:南房総半島巡り(館山~千倉~和田浦~鴨川)>
朝自宅を出発し、電車を乗り継いで館山駅へ。
そこからバスに乗って、最初の目的地、道の駅南房パラダイスにつきました。ここからスタートです。

①南房パラダイス
その名の通り、南国に来たような雰囲気の味わえる道の駅でした。
フラダンスショーやハワイ料理を中心としたレストランなどもあり、
隣接した「アロハガーデンたてやま」は、千葉県最大規模を誇る動植物園になります。

ひとしきり堪能した所で、次の道の駅に向かいます。
当日は天気もよく、道中富士山も眺められながら、道の駅白浜野島崎に着きました。

②白浜野島崎
房総半島最南端にある小さな道の駅です。
近くには、房総半島最南端にある野崎島灯台があります。
寄り道をして、野島崎灯台にも寄ってきました。灯台の上から見る景色は非常に綺麗でしたね。
その後は海沿いをずっと東に向かって走り、次の道の駅のちくら・潮風王国へ向かいました。

③ちくら・潮風王国
新鮮な魚介類や干物などの海産物を中心に、南房総のお土産や特産品を取り揃えた道の駅でした。
サザエなどの貝類をUFOキャッチャー出来るマリンキャッチャーなるものがありました。
残念ながら、うまく取れたとしても、持って走れないので今回はやりませんでしたが……。
ここから次の道の駅のローズマリー公園へ向かいました。

④ローズマリー公園
ヨーロッパ風の建物が立ち並ぶ道の駅です。庭園にハーブや四季の花々が咲いています。
自家製のパンやビザなどもあり、こちらで昼食を取りました。
お腹がいっぱいになった所で次の道の駅、和田浦WA・O! へ向かいます。

⑤和田浦WA・O!
関東唯一の沿岸捕鯨基地がある南房総、和田町にある道の駅。
道の駅敷地内には野外展示されたシロナガスクジラの骨格標本(全長26m程)があります。
道の駅内もお土産や食事などでクジラづくしのひとときを楽しめましたよ。
またここから走って本日最後の道の駅鴨川オーシャンパークへ。

⑥鴨川オーシャンパーク
扇形のピラミッドが特徴的な物産館&レストランがある道の駅です。
着いた時間が夕方だったこともあり、イルミネーションがついていました。
道の駅が締まる10分前に着き、なんとか道の駅スタンプを押せました。

鴨川から電車で館山に戻り、本日泊まるホテルへ向かいました。
夕食はホテルの方から勧めてもらった地物が食べられる居酒屋へ。
お酒は3杯まで、食べ残しNG、携帯電話利用禁止、店主の顔出しNG、騒いだら退室願います等々、
店主のこだわりが強いお店でした。
おまかせ地魚海鮮丼を注文し、美味しくいただきました。

 

<2日目:房総半島西側巡り(館山~富浦~保田>
2日目はまずは館山から朝一にバスに乗り、道の駅三芳村へ向かいました。

⑦三芳村・鄙の里
道の駅では農産物と自社工場で作るオリジナルの乳製品が販売されていました。
施設内には足湯も。旅の疲れを癒せますね。
ひととおり見物したところで、次の道の駅、おおつの里花倶楽部に向かいました。

⑧おおつの里花倶楽部
ここの道の駅は施設内に温室の花農園があり、新鮮、良質な花摘みが1年を通じて行えます。
私が行った時はバスツアーに参加されているマダム達が、お花摘みを堪能されておりました。
ここから、来た道を少し戻りながら、次の道の駅とみうら枇杷倶楽部に走って向かいました。

⑨とみうら(枇杷倶楽部)
カフェやショップには特産品の枇杷(びわ)を使ったグッズ等が満載。
私はこちらで昼食を食べることとし、色んなびわ料理の中から、びわカレーをチョイス。
びわの風味と味がアクセントとなって、美味しいカレーを堪能しました。
ここから走って北上し、道の駅富楽里とみやまに向かいました。

⑩富楽里とみやま
富津館山道路のハイウェイオアシスと一体になった場所で、
一般道路と有料道路どちらからも行き来することができます。
直売物産コーナーには、カニや伊勢えび、サメなどが水槽に入っていました。
ひとしきり堪能した所で、次の道の駅きょなんに向かいました。

⑪きょなん(見返りの里)
国道127号「内房なぎさライン」沿いにある道の駅です。
こちらの情報センターで資料を眺めていたら、期間限定の南房総の道の駅+αを対象とした
スタンプラリーを開催しているのを発見!?
もうほぼほぼ回ってしまいましたよ……。
最初の道の駅で気づけばよかったなぁと後悔。
気持ちを改めて、最後の道の駅保田小学校に向かいました。

⑫保田小学校
もともと学校だった建物をそのまま生かして作った道の駅です。
1階の教室はカフェやレストラン、展示設備が充実、体育館があった場所は大きなマルシェとなっており、
特産品や農産物が販売されています。
2階の教室では宿泊施設が完備されてたりました。ちなみに、3年B組は中華料理店でした(笑)。

 

<最後に>
今回の目的の房総半島道の駅12駅は無事走破出来ました。
道中海岸沿いで海を眺めながら走り、道のアップダウンに四苦八苦しながらも、
無事走りきれたことは満足しています。
2017年の春過ぎから道の駅巡りを始め、ここまでで50駅程巡りました。
道の駅ごとにその地域や特色を生かした工夫を発見し、色々と勉強になりました。
今後も楽しみながら、道の駅巡りを続けたいと思います。
続きはまたスタッフ日記でつづろうと思います。

投稿者:音成
2018.02.26

MJ’s FES

こんにちは、 音成です。
2月も終わりに近づき、いよいよ春が待ち遠しいですね。

さて先日、川崎市市民ミュージアムで開催されている
「みうらじゅんフェス! マイブームの全貌展」へ行って参りました。

「マイブーム」や「ゆるキャラ」といった造語の生みの親として知られる、
イラストレーター・みうらじゅん氏の還暦を記念して行われている展覧会です。
ツッコミ如来像がお出迎え。

みうら氏のこれまでのマイブームの数々が紹介されており、
自身の創作物や収集物が展示されているのですが、これが驚きの物量……!
そのマイブームの発端は小学生時代にまで遡り、
原稿用紙に書いたイラストやこれまでに使用したスケッチブック、スクラップブック、
そして学生証や大学の受験票までもが展示されています。
当時のものをよくぞ今まで綺麗な状態で、しかも大量に保存できていたものだなと感心してしまいました。

更に、コレクション(の一部)も所狭しと並んでいました。
“いやげもの”や”冷マ(冷蔵庫に貼るマグネット)”などなどが
一堂に集まっている様は圧巻でした。

ちなみに、近年の私は(軽い)断捨離ブームで
何かを収集するということがなくなってしまったのですが、
学生の頃にはご当地キティちゃんを集めていたこともあったなあ、
などと思い出して懐かしくなりました。

誰も目を付けないような、端的に言えばくだらないものも集め続けることで作品展にできてしまう、
そんなところにみうら氏の凄さを感じました。
自分の感性やスタイルを貫き続けられるのは素敵ですね。

圧倒的な量と、いちいちツッコミを入れたくなるような展示の数々に笑いの絶えない展覧会でした。

メールでのお問い合わせ
無料相談実施中 お気軽にお電話ください TEL:045-313-3800 メールでのお問い合わせはこちら
24時間受付中  メールでのお問い合わせはこちら

プライバシーマーク

響き税理士法人は、個人情報の取扱いを適切に行う事業者としてプライバシーマークの使用を認められた認定事業者です。

TKC全国会 響き税理士法人はTKC全国会会員です

経営革新等支援機関